お問い合わせはこちら

鳥取市内で歯科をお探しのかたは、新設のKデンタルオフィスへぜひお越しください

トップページ
>
診療内容
>
口腔外科

口腔外科

 

親知らずを抜いたほうがいい理由

 

抜かなくてはいけないと思いながら、放置されていませんか?まっすぐ生えている親知らずで、何の問題もなく、お手入れがきちんとできている方なら、抜かないこともありますが多くの親知らずは斜めに生えていたり、横に向いていたりします。その状態を放っておくとどうなるでしょうか。汚れが付いたままになりやすい状態だと、虫歯や歯周病のリスクがあります。親知らずだけの問題であればまだよいですが、隣にある関係のない歯にも影響があるため、放っておいていざ抜くとなった時には、隣の歯も治療しなくてはいけないこともあります。また、歯並びが悪くなることもあります。

 

 

 

できるだけ痛くない親知らずの抜歯を心がけております

 

 

親知らずの抜歯は痛そうなイメージがありますが、当院ではなるべく痛くないように麻酔を効かせてから抜歯を行います。場合によっては舌までしびれる広めに効く麻酔を使いますので、術中の痛みはできるだけ感じないようにして抜歯を行います。また、抜歯を行う前に施術方法を画像を使って丁寧に説明したうえで行いますので、安心していただけます。 

 

 

 

 

すべての親知らずが抜歯の必要があるとは限りません

 

 

親知らずは必ずしも全て抜歯が必要とは限りません。まっすぐ生えていて、虫歯、歯周病のリスクが低い方は抜歯をしない方もいます。当院では説明にご納得していただいてから同意を得てから抜歯を行います。もし、抜歯したほうが良いか気にされている方は、一度ご相談にいらしてください。