お問い合わせはこちら

鳥取市内で歯科をお探しのかたは、新設のKデンタルオフィスへぜひお越しください

トップページ
>
診療内容
>
小児歯科

小児歯科

 

幼い時からの歯のメンテナンスが大事です

 

お子様の成長は早いものです。それと同じでお子様の虫歯の進行も非常に速いです。虫歯になって痛がったら治せばいいかという考えでは思わぬリスクを生むこともあります。虫歯になって放置しておくと歯の移動を招いてしまい、後に歯並びが悪くなることもあります。そうすると、思いもよらぬ治療が必要になることもあります。虫歯にならないように普段からの医院への受診を心がけましょう。

 

 

 

お子様が歯医者嫌いにならないために

 

 

お子様が歯医者を嫌いにならないために親御さんにも気を付けていただくことがあります。一つ目は、歯医者さんがマイナスになるイメージを押し付けないことです。歯医者に受診したことがないお子様は歯医者について悪いイメージがありません。しかし、歯を磨くのを嫌がるときや、甘いものを食べるのを止めさせるときなどに「虫歯になったら歯医者さんで注射してもらわないといけなくなる」など 歯医者=怖い、痛いというイメージを植え付けないように気を付けてください。

 

二つ目は、治療が終わったらしっかり褒めてあげてください。たとえできなくても、「何でできないの!」と叱らずに「次はできるとママは嬉しいな」といった具合に、励ましていただくと、お子様は「頑張れば褒めてもらえるんだ!」というやる気を持つきっかけになります。

最後に一番大事なことになりますが、虫歯を作らないことです。日頃からのブラッシングやメインテナンスが大事になりますので、心掛ける様にしていただければ助かります。

 

 

 

虫歯にならないために

 

 

虫歯は虫歯菌に感染することによって生じてきます。生まれたての赤ちゃんは虫歯菌を持っていませんが、虫歯菌を持っている方との同じ食器の使いまわしや、口移しなどによって虫歯菌に感染してしまいます。お子様の虫歯のリスクを減らすために、口移しなど唾液を介しての感染には気を付けましょう。

もし、虫歯になってしまっても、チョコレートやキャラメルなど甘いものを控え、ジュースなども出来るだけお茶にし、ダラダラ食べたり飲んだりをしないように気を付けていただければ、今後の虫歯になるリスクも減らせます。