お問い合わせはこちら

鳥取市内で歯科をお探しのかたは、新設のKデンタルオフィスへぜひお越しください

トップページ
>
診療内容
>
虫歯治療

 

虫歯治療

 
 
歯のお痛みはありませんか?
冷たいものを飲んだ時にズキッと凍みたり、噛んだ時にズキッとすることはありませんか?もしかしたらそれは虫歯かもしれません。お痛みがあるときはすでに虫歯が進行しているサインですので早めの治療をお勧めします。
 

 

 

虫歯の進行と治療法

 

進行段階 症状 治療法

 C0:ごく初期の虫歯

表面のエナメル質が溶け始めています。溶けることによって白濁しますが見づらい所では分からないこともあります。痛みはまだ生じません。

適切な歯ブラシ、フッ素塗布や、特殊なミネラルパックで治ることもあります。

C1:エナメル質の虫歯

表面に穴が開き始めます。場所によっては黒っぽく見えたり、白く見えることもあります。このころからしみる症状が少し出始めますが感じない人もいます。

 

 

虫歯の部分を削って詰めます。このころは、虫歯が大きくないので、白い詰め物で治すことができます。

 

C2:象牙質の虫歯

表面のエナメル質の下の層の象牙質に虫歯が進行し、さらに穴は大きくなります。しみる症状はさらに強くなります。歯の間の虫歯ではあまりしみないこともあります。

虫歯の部分を削って詰めます。大きさが小さいと白い詰め物もできることがありますが、大きくなると白い詰め物ができないこともあります。

C3:神経に達した虫歯

虫歯が内部の神経まで進行しています。このころは自発痛といって、何もしなくてもズキズキしてきます。冷たいもの、温かいものもしみます。食べ物が当たっても痛むことがあります。 虫歯に侵されている神経を取ります。神経を取った後は、かぶせ物をしなくてはならなくなります。かなり治療回数がかかるようになります。

C4:歯根まで達した虫歯

歯の頭の部分が溶けてなくなってしまいます。しみる症状は比較的なくなりますが、膿がたまると歯肉や頬がはれたりします。 抜歯となります。歯の機能を回復するために、入れ歯やブリッジ、インプラントを行い歯を作ります。

 

 

 

 

虫歯の進行と治療法

 

 

虫歯でなくても歯がしみることがあります。間違った歯ブ

ラシ、歯ぎしり、歯肉退縮によって根の表面が露出すると

しみてきます。放っておいても治りません。一度知覚過敏

になると治りづらくなることもありますので、予防が大事

です。