お問い合わせはこちら

鳥取市内で歯科をお探しのかたは、新設のKデンタルオフィスへぜひお越しください

トップページ
>
診療内容
>
歯周病予防

 

歯周病予防

 

虫歯の進行と治療法

左の歯周病の画像を見てどう思うでしょうか?

なぜここまで放っておいたのだろうと思う方が多いと思います。実は特に痛みがないから放っておいたというのが背景にあります。歯ブラシで出血する。口臭がする。でも、痛くないからまだいっか…

歯周病は症状が起きなくても進行する病気です。何らかのサインが出ているときは、気づけるチャンスですのでまだいい方です。進行してきて「何だか最近歯がグラグラしてきた」や「最近噛むと痛むようになってきた」というのは症状がだいぶ進行しているサインです。

当院では軽度の治療から専門的な外科的治療まで行っておりますので、お気軽にご相談ください。

 

 

 

虫歯の進行と治療法

 

■軽度歯周病

症状

歯ブラシの時出血する 

歯が凍みる

口臭がする

治療方法

 

歯ブラシ指導

歯の表面に付着している歯石と歯垢を落とします。

 

 

■中等度歯周病

症状

歯ブラシで出血がひどくなる

歯がわずかに揺れ始める

歯肉が腫れる

口臭がする
治療方法

歯ブラシ指導

歯肉の中にまで入り込んだ歯石と歯垢を落とします。

この頃になると麻酔が必要になってきます。

 

 

■重度歯周病

症状

食事が当たっても出血をする

口臭がひどくなる

歯の揺れがひどくなる

噛むと痛む

膿が出る
治療方針

歯ブラシ指導、フラップ手術を行う

(麻酔後に歯肉を切開して剥がします。根の表面に付着している歯石、歯垢をきれいにします)

フラップ手術が行えない位状態が悪いと抜歯になります。

 

 

 

 

歯周病の治療をしても終わりではありません

 

 

長かった歯周病の治療が終わってもそれ以降治療が必要なくなることはありません。一度歯周病にかかった歯茎はまた、悪くなることがありますので定期的なメインテナンスを医院で受けていただくことをお勧めいたします。一度患ってしまうとやっかいなのが歯周病ですので、日頃のメインテナンスと定期検診は忘れないようにしておきましょう。